入山管理システムOWL

入山管理システムOWLの概要

目的

IICTとスマホを活用して入山から下山までをトータルで管理するとともに、もしもの時はSOSを発信し、登山者の「安全・安心」をサポートします。

システムの構成

登山口に設置したBLEモジュールがスマートホンの「鳥海山入山管理アプリ」を起動し、クラウド上の各種サービスを提供します。

入山管理システム構成図

システムの機能

1.各種情報の提供

  • 山の天気予報
  • 山の気象図
  • 火山活動情報
  • もしもの時の情報提供(救助機関)
  • 入山者に係る各種統計(自治体)

2.安否確認

  • 登山口で入下山届が提出できます。
  • 入山届を送信すると約30分毎にGPS情報を取得し記録します。
  • もしもの時は、入山管理アプリからSOSメールが発信出来ます。
  • 下山予定時刻を過ぎても下山届が無い時は下山確認のメールを発信します。
  • 下山予定時刻を一定時間過ぎても下山届が無い時は、緊急連絡先に通報します。

登山保険

  • 登山口で入山管理アプリから登山保険の加入手続きができます。